作業実績

SAMTECコネクタからの配線作業

K社様よりSAMTECコネクタに直接配線を接続したいというご相談があり、作業させていただきました。

ご自身でトライをされたようですが、うまく取り付けることができず助けてほしいというご相談です。製品開発を担当されているお客様ですので、はんだ付けの時間は確かにもったいないですよね・・・。

SAMTECのコネクタはリードにはんだがカシメてあるため過度の予備はんだがいらないことから実は作業がしやすい部品です。リード線の耐熱温度が低いものをご使用されているようで被覆溶けがひどいため、ヒートクリップを挟み込み熱を放熱させながら、作業させていただきました。

すぐに手元にほしいとのことでしたので当日ご依頼いただき、当日ご納品させていただきました。大変喜んでいただき、こちらも嬉しい限りです。うまく製品開発が進むと良いですね。

今回は、SAMTECのコネクタに直接リード線をつける改修作業でしたが、当社ではSAMTECコネクタの基板実装作業も多数実績がございます。SAMTECコネクタの実装経験がない実装会社では、メタルマスクの開口や厚さをBGAなどの他部品と同様をしてしまうと、結果として未接合の発生につながってしまいます。

メタルマスクの開口率、厚さなど実績はもちろんですが、FPCへの実装も常時行なっておりますのでお困りの際は、是非ご相談ください。

投稿者プロフィール

有山 大樹
有山 大樹
ビックライズの営業担当。
日本溶接協会マイクロソルダリング資格「インストラクタ」・「上級オペレータ」・「インスペクタ」の資格を保有。はんだ付けができる営業マンとして日々お客様とやり取りをさせていただいています。

関連記事

CATEGORY

TOP