手はんだについて

すべてのはんだ付けの基本はこの“手はんだ”にあります。 マイクロソルダリング有資格者6名をはじめ、約35名のはんだ付け作業員、20年以上の経験を持つ熟練作業員が在籍し、航空宇宙・防衛関連基板などの高信頼性製品のはんだ付けの技術を有しております。力量は社内スキルマップによって管理され、それを基に教育訓練を行うことで力量の維持と向上に努めています。
またはんだ付けなどで使用する治工具は、製造技術グループにより社内製作され、はんだ付け作業員の技術をサポートしています。

  • はんだ付けの様子

    はんだ付けの様子

  • 日本溶接協会マイクロソルダリング資格証明書

    日本溶接協会マイクロソルダリング資格証明書

フレキシブル基板、放熱性の高いアルミ基板やセラミック基板も手はんだの対応が可能です。
また基板の材料・層数などに合わせて、ヒーターによる予備過熱やプレートを用いたはんだ付けなど、適切な手法を選定し作業を行っております。0.35mmの狭ピッチコネクタや隣接実装された箇所へのはんだ付けも得意としています。

  • FPCのはんだ付け

    FPCのはんだ付け

  • 大型基板のはんだ付け

    大型基板のはんだ付け

ジャンパー(BGA内部も含む)、パターンカット、パッド移植など改造・修理も対応いたします。

  • BGA内部ジャンパー例

    BGA内部ジャンパー例

  • チップコンデンサの亀の子実装「V・I・C」

    チップコンデンサの亀の子実装「V・I・C」

担当者コメント

手はんだを担当している山嵜です。 手はんだは、はんだ付け全ての基礎であり、最も重要な技術の一つです。弊社では日本溶接教会マイクロソルダリング技術資格のインストラクタ、上級オペレータ、インスペクタの有資格者が多数在籍しています。 この資格は、はんだ付け要求事項IEC61191のレベルC高性能電気製品(特殊用)の基準に適用しており、高度なはんだ付け技術を有しております。

担当者:山嵜さん

担当者へ
お問い合わせフォームはこちら