採用サイトTOP > 社員インタビュー:青木 悠稀
社員インタビュー
青木 悠稀
Yuki Aoki
所属部署 / 製造部
[2016年4月入社]

幅広い年齢層の人たちが仲良く、
会社全体が明るく活気に満ちている。

現在の業務内容は?

主にDIPという基板と部品をはんだでくっつける作業をしています。

入社を決めた理由は?

工場見学をさせてもらい、作業をしているみなさんの様子や、工場の中を見ることができました。実際に見てみると仕事内容に興味が湧き、入社することを決めました。

入社してからの会社の印象は?

幅広い年齢層の人たちがいるのですが、社員さんやパートさんの仲が良くて、会社全体がとても明るく活気に満ちている、という印象でした。

会社にはどんな人たちがいますか?

優しくてフレンドリーな人たちが多いです。入社当初、緊張していた私にも気さくに声をかけてくれて、すぐに馴染むことができました。

"絶対に失敗できない"という、良い意味での緊張感がやりがいにもなっている。

ビックライズの仕事の面白さとはなんですか?

自分の作ったものが世の中に出回って、それを使ってくれる人たちがいると想像すると、面白くてやる気も出てきます。

ビックライズの仕事の難しさとは何ですか?

いろいろありますが、一番は、失敗ができないことです。

どんな時にやりがいを感じますか?

失敗をしないで、すべてを終えることができた時です。

入社して自分が変わった、成長したと思うことは?

「絶対に失敗できない」という、良い意味での緊張感を常に持てるようになったことです。その緊張感が結果にも繋がり、やりがいにもなっています。

これからの意気込みや目標を教えてください。

まずは、今の作業で失敗しないように技術を磨き、毎日真剣に取り組んでいきます。

活動をしている方へのメッセージ

自分のやりたいことや自分ができることを見つめ直して、仕事を決めてください。
明るく責任感のある方と一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。

1日のスケジュール

  • 8:30
    出社:自転車で通勤。会社近くで一人暮らしをしています。朝の清掃をし、当日の作業確認のミーティングをします。
  • 9:00
    はんだ付け装置のオペレート:一度しか流れない試作から毎月流れる量産品など、色々な基板実装をします。午前中は、DIPと呼ばれる溶けたはんだに基板を漬けて、はんだ付けをする装置のオペレートをします。
  • 12:05
    昼食:他部署の先輩達と車で近くのお店で外食。
  • 13:00
    基板実装作業:当日分のDIPの作業を完了させ、部品の加工・基板へ部品搭載の作業をします。日々同じ作業をするわけではないので、日々新しい勉強があります。
  • 17:30
    翌日の準備:明日の生産段取りをして帰宅。

その他の社員インタビュー

  • 青木 悠稀
    Yuki Aoki
    所属部署 / 製造部
    [2016年4月入社]

    絶対に失敗できない。
    良い意味での緊張感が
    やりがいにもなっている。

    MORE
  • 鶴岡 大輝
    Daiki Tsuruoka
    所属部署 / 生産管理課
    [2016年9月入社]

    なにごとにも
    積極的に取り組む自分に成長。
    日々努力して会社に貢献したい。

    MORE
  • 有山 大樹
    Daiki Ariyama
    所属部署 / 営業部
    [2015年9月入社]

    チャレンジできる、成長できる。
    どんなことにも、
    楽しくマジメに取り組む会社。

    MORE
  • 加藤 和樹
    Kazuki Katou
    所属部署 / 製造部
    [2014年6月入社]

    悩んで悩んで正解に辿りつく。
    考え抜くから、
    自分の意見もしっかりと言える。

    MORE
  • 澤田 宏平
    Kouhei Sawada
    所属部署 / 製造2課 係長
    [2016年9月入社]

    任せてもらえるから、
    成長できる。
    たくさんの知識を吸収して、
    仕事の幅を増やしていきたい。

    MORE