手載せ実装の詳細

部品荷姿を気にせず実装できるのが、手載せ実装のメリットです。
試作品・開発品だから荷姿がカットリール、バラでの調達しかできない…。そんな時にもビックライズならご対応できます。
また1枚からの少量実装からご利用いただけます。
高精度実装が求められるBGA、CSPは、リワーク機を用いて高精度で搭載を行いますので安心です。搭載可能なチップサイズは最小0402サイズとなっております。

  • 部品荷姿:バラ

    部品荷姿:バラ

  • 部品荷姿:カットリール

    部品荷姿:カットリール

  • BGA・CSPの搭載も安心

    BGA・CSPの搭載も安心

マウンタ実装のできない個片の丸基板やフレキシブル基板も搭載可能です。粘着ボードを使用してご対応させて頂きます。

  • リワークイメージ

    個片基板例

  • リワークイメージ

    手載せ実装の様子

常時20名以上の手載せ実装専任作業員が、25,000チップ/日の搭載キャパでL/Tの短縮を実現しております。
この15 年、大手企業様の短納期試作を300ロット/月、お手伝いさせて頂いたビックライズだからこその対応力です。
また、同フロアに手載せ実装専用の8ゾーン窒素リフローを設置しており、手載せ実装後、すぐにリフローによるはんだ付けを行っております。

  • リワークイメージ

    手載せ実装の様子

  • リワークイメージ

    N2リフロー(エイテックテクロトン製:NR06-81S40-RLF)

手載せ実装で最も時間がかかるのは、搭載位置を探す事です。
ビックライズでは、自社開発ソフトcoordinateを使用し、独自の実装図面を作成することで、搭載場所の間違え防止と作業のスピードアップに取り組んでいます

Coodinateはこちら

手載せ実装で心配される“誤実装などの実装品質”。しかし、ビックライズ独自の図面による明確な搭載指示や、搭載後の第三者による全数照合検査を行う事により誤実装を防止しています。
また外観検査装置を用いて手載せ実装品は全台数の部品照合確認を実施し、手載せ実装の品質担保を行っています。航空宇宙・防衛関連基板の実装実績も多数あり、早いだけではなく、ご安心してご利用いただけます。
ビックライズの手載せ実装は上記の照合確認のほか、徹底された記録管理が特徴です。“どの搭載箇所に誰が搭載し、誰が検査確認したのか。”徹底した記録管理でトレーサビリティを確立しています。

  • リワークイメージ

    外観検査装置(マランツ製:MODEL-22XDL)

  • リワークイメージ

    徹底した作業記録

担当者コメント

SMD実装の田村です。
当日対応が必要な急ぎの案件や試作、マウンタで対応できないものなどは手搭載実装を行っております。一つひとつピンセットで実装するので、通常はとても時間のかかる作業ですが、自社で開発したソフトウェアで実装図面を作成し使用することで、無駄のないスピーディーで正確な作業環境をつくることができました。
また、マウンタ同様、印刷からリフローまでの工程すべてに細心の注意を払い、基板や部品によって実装の仕方を細かく使い分けています。より良い製品をお客様にお渡しできるよう、日々心がけております。

担当者:田村さん

担当者へ
お問い合わせフォームはこちら