2020/06/09

プリント基板の種類について

プリント基板は「リジット基板」と「フレキシブル基板」の二種類に分類されます。

リジッド基板(Rigid board)

リジッド基板とは、柔軟性のない絶縁体を基材に用いたものであり、固いを表す「Rigid」からリジッド基板と呼ばれています。

リジッド基板は基材と樹脂によって分類されます。基材には「紙基材」と「ガラス基材」、樹脂には「フェノール樹脂」、「エポキシ樹脂」を用いたものが一般的です。

フレキシブル基板(Flexible board)

フレキシブル基板とは、柔軟性のある絶縁体を基材に用いたもので、
フレキシブル基板はリジッド基板にケーブルがついたようなものです。
ただし、フレキシブル基板にはケーブル機能だけで部品搭載機能がないものもあります。

フレキシブル基板 リジッド基板
ベース材料 プラスチックフィルム / ポリイミド / PETなど 硬質複合材 / ガラス・エポキシなど
加工プロセス フォトリソグラフィ / 化学エッチング フォトリソグラフィ / 化学エッチング
出発原材料 銅張積層板 銅張積層板
表面保護 フィルムラミネーション / レジスト印刷 レジスト印刷
材料(面積)効率 低い 高い
コスト 高い 低い